横浜山手西洋館の花と器のハーモニー2019・雰囲気をお伝えします

スポンサードリンク
 





いつの時代もお花は人の心を癒します。

横浜でお花を愛でるといえば、

4月の大岡川の桜まつり、

5月の山下公園などのローズウィークを

思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

6月の梅雨の季節、何だか気分もどんよりしてしまいます…。

そんな時、お花で心にビタミンを与えるイベントがあります。

それが、「花と器のハーモニー」です。

今回は各会場への行き方と雰囲気をお伝えします。

スポンサードリンク

花と器のハーモニー 概要

【日時】2019年6月1日(土)-9日(日)

【場所】横浜山手西洋館

ブラフ18番館、

外交官の家、

ベーリック・ホール、

エリスマン邸、

山手234番館、

横浜市イギリス館、

山手111番館

【時間】

9時30分から17時まで

期間中は休館日なしで営業しています。

【費用】無料です。

デートやお子様連れでも、

ふらふらっと立ち寄るのもいいですね。

【注意点】

坂が多いので、歩きやすい靴でお越し下さい。

私が行った日は雨だったのですが、着くまで大変で、

疲れました。鑑賞後は、傘もお忘れなく!

【問い合わせ】

公益財団法人 横浜市緑の協会

管理部管理課 045-228-9432

*「横浜山手西洋館」HPより

URL:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/map.php

こちらを見ながら巡ると便利です。

花と器のハーモニー 各会場への行き方

横浜イギリス館・山手111番館

*電車

みなとみらい線「元町・中華街」駅下車、

6番出口アメリカ山公園口から徒歩6分程度。

*バス

JR「桜木町」駅から、神奈川中央交通バス11系統、

市営バス20系統、市営バス「あかいくつ」で

「港の見える丘公園」下車、徒歩1分。

山手234番館、エリスマン邸、ベーリック・ホール

*電車

みなとみらい線「元町・中華街」駅下車、

6番出口から徒歩7・8分程度。

*バス

JR「桜木町」駅から、神奈川中央交通バス11系統で

「元町公園前」下車、徒歩すぐ。

ブラフ18番館、外交官の家

*電車

JR「石川町」駅、元町口から徒歩5分程度。

*バス

JR「桜木町」駅から、神奈川中央交通バス11系統で

「イタリア山庭園前」下車、徒歩1分。

  駐車場はありませんので、

公共交通機関をご利用してお越しください。

花と器のハーモニー 私の感想

2018年のテーマは、「彩光の7つの扉を開けて・・・」でした。

各館テーマが違って花が飾りつけられていて、

山手11番館は、「The Eternal Rose」

横浜市イギリス館は、「ブリティッシュレディを夢見て」

山手234番館は、「時空を超え暮らしに息づく花」

エリスマン邸は、「色が織りなす百花繚乱、色香繚乱」

ベーリック・ホールは、「花と光のエレガンス」

ブラフ18番館は、「幸せをはこぶ扉」

外交官の家は、「邂逅~kaikou~木漏れ日の中で1/fゆらぎを感じて」

私が一番感動したのは、ベーリック・ホールの

「花と光のエレガンス」でした。

(写真がなくてすみません・・・。)

ベーリック・ホールは、イギリス人で貿易商であった

B.R.ベリックの邸宅として建てられました。

その後、カトリック・マリア会に寄付され、

寄宿舎として利用されました。

まさに、日本と西洋の文化が融合した素晴らしい建物です。

居間や居住スペースからは、当時の暮らしぶりが感じられます。

テーブルに並べられた美しい食器と花の色がマッチして、

その美しさにハッとさせられました。

また、2階の子供部屋は、ペパーミントグリーンの壁に、

お花が飾り透けられ、部屋全体が爽やかな印象でした。

ちなみに、この壁は、美術大学の先生と学生が修復されたようです。

訪れた日はあいにくの雨でしたが、

外の雨音と内の華やさが妙にマッチして、

幻想的な雰囲気を作り出してくれました。

外で花見もいいですが、中で花見も一興だなと感じました。

その他、期間中は「テーブルコーディネート」

「子どものためのフラワーアレンジメント教室」

などが開催されていました。

私は不参加でしたが、元町ショッピングストリートと

連携してスタンプラリーも実施されていました。

スポンサードリンク

花と器のハーモニー 混雑状況

私は平日に行ったので、

あまり混雑しているように感じませんでした。

ゆっくり鑑賞したいなら、平日がいいのかなと思います。

調べてみると、初日が混むみたいですね。

まとめ

何といっても何度言っても無料なのが有難いですね。

一日で全部周るのもいいですし、

期間中に何日かに分けて周るのもいいですね。

それぞれの楽しみ方ができると思います。

混雑状況ですが、ゆっくり楽しみたいなら

平日が比較的空いているのでよいかと思います。

駐車場がないので、公共交通機関を利用して下さい。

徒歩での移動ですが、坂が多いので、

歩きやすい靴でお越し下さいね。

雨の日は傘もお忘れなく。

梅雨の横浜、癒しを求めて一度いらしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする