猫の鳴き声が短い時、クルルって泣く時・どんな気持ちや意味がある?

スポンサードリンク
 





猫を飼っている方はもう

お気付きかもしれない

猫の鳴き声ですが、

泣き方が違う時がありませんか?

あれ?この間と泣き方が違う?

なんて不思議に思う事ありますよね。

猫は人間に対して鳴き声で

自分の気持ちを伝えようとしています。

鳴き声にもさまざまで

長く鳴いてみたり、短く鳴いてみたり

聞こえないくらいの鳴き声だったり

する時もあります。

では猫の気持ちを

分かってあげられる為に

どういった気持ちで鳴いているのか

お話していきます。

スポンサードリンク

猫の鳴き声が短い時は?

猫が短く鳴く時はどんな時でしたか?

そんな事を思い出しながら

読んでいってみて下さいね。

  • 挨拶

飼い主さんが出掛けて帰ってきた時や

いつも見ている顔見知りに会うと短く鳴いて

挨拶をしてくれています。

自分の存在アピールでもあり、

注意を引きたいのかもしれません。

  • 嬉しい時

ご飯をあげる時や遊んでもらえる時など

嬉しい気持ちの時に短く鳴きます。

ソワソワして急かしている感じでしょう。

そんな気持ちで鳴いています。

  • びっくりした時

猫が予想外の展開に思わず

びっくりした時に鳴きます。

例えば気持ちよく寝ているところに

飼い主さんがそっと触ると

短く鳴くはず。

猫はあまり寝ないようなので

可愛くても我慢して

寝かしてあげましょうね。

  • 返事や相槌

名前を呼ばれた時や話かけられた時に

猫なりに返事をしているようです。

そう思いながら話をしていると

返事がもらえた時

何だか嬉しい気持ちになりますね。

  • 獲物を見つけた時

もう一息で獲物が捕れる、

捕まえたいのに捕まえられない!

そんな気持ちの時に短く鳴くんです。

きっと猫も「もぉ!」って思うんですね

  • 子猫

子猫の時はよく短く鳴く

イメージもありますよね。

子猫の時はお母さんへの居場所を

伝えたりといった、

要求する時に短く鳴きます。

  • 甘えん坊さん

短く鳴く猫は甘えん坊さんとも言われます。

猫はあまり鳴かない動物なんです。

もしかしたら猫なりの甘~い声のつもりで

鳴いているのかもしれませんね。

逆に猫の鳴き声が長い時は?

結構ツンデレで何を思っているのか

何がしたいのか分かりにくい猫ですが、

意思表示の仕方は多く

身につけているようです。

猫の鳴き声はコミュニケーションの1つです。

さて長い鳴き声の時の猫の気持ちは

どういったものでしょうか。

  • 甘えている

飼い主さんに甘えたい時や構ってほしい時に

長く鳴いた事ないですか?

見過ごしてしまった方は次に機会があれば

優しく構ってあげましょう。

  • 要求している

お腹が空いて餌がほしい時や何かを

要求している時に長く鳴きます。

気付いてほしさあまり大きい声で

鳴く事もありますよ。

  • 怒っている

警戒していたり、怒っている時は

案外分かりやすいと思います。

シャーっと鳴いたりもしますね。

  • 発情期

この頃の鳴き声は独特です。

遠吠えのように大きな声、

なおかつ長く鳴きます。

赤ちゃんの鳴き声と間違う時もあります。

ニャーというよりギャーと

鳴いているかもしれません。

文字にすると分かりにくいですが

実際意識して聞いてみると

意外と分かるかもしれません。

猫なりにコミュニケーションや

要求をしているので

聞き分けてあげられるといいですね。

猫の鳴き声がクルルの時はどんな意味?

猫がクルルと鳴いているのを

聞いた事ありますか?

飼い主さんなら今までに1回は

聞いた事があるかと思います。

猫がどんな時にどんな意味で

鳴らしているのかご紹介していきます。

  • 甘えたい時

クルルと鳴らしながら

近寄って来た事ないですか?

飼い主さんに甘えたいサインです。

そもそも子猫が母猫を呼ぶ時に

クルルと鳴くんですが、

飼い猫になると大きくなっても鳴くんです。

たくさん甘えさせてあげて下さいね。

  • 楽しい時

テンションが高く、上機嫌な時に

クルルと鳴きます。

猫が機嫌のいい時ですのでしばらく

楽しませてあげて下さい。

  • 仲良くしたい時

仲良くしたい猫や動物にクルルと鳴きます。

猫はケンカが嫌いでもあるので

好意を伝えつつもケンカを

避けているのかもしれませんね。

  • 疑問な時

猫が何かに集中している時に

クルルと鳴く事があります。

ん?何だ?なんて事を

思っているかもしれませんね。

こんな猫が疑問に思っている時に

クルルと鳴きます。

などクルルと鳴くのにも

色んな意味があるんです。

何だか子猫からすると飼い主さんは

母のようですね!

たっぷり甘えさせてあげて下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

猫も人間のように鳴き方や鳴く長さで

猫の言葉を使い分けているんです!

人間にどう気持ちを伝えようか

考えているんです。

まるで人間のようですね!

私も子供の頃に猫を飼っていました。

猫が子供を産み、

最終4匹くらいになったんですが

書きながら当時の事を思い出しましたね!

確かにクルルと鳴きながら

スリスリしてきていましたし、

近所で長く鳴いているのは

大抵うちの猫でした(笑)

猫と向き合って怒っていたんでしょうね!

そんな事を知っていたらもっと

遊んであげたり、

要求に答えてあげられたのかな

なんて思います。

動物というよりももう家族ですね。

皆さんは猫ちゃんの要求を

受け止めてあげられるよう

観察しながら猫との時間を

楽しんで下さいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする