福岡流通センター祭り2019!オススメ情報!駐車場地図付きで紹介

スポンサードリンク
 





福岡県福岡市で毎年開催される

福岡流通センターまつり。

初めて聞いた方も多いかもしれませんが、

このお祭りでは福岡市東区の

福岡流通センターが地域の方へ日ごろの

感謝を込めて毎年11月に

開催しているお祭りです。

ワゴンセールをはじめ、地域の方々の

発表会やプロレスなどを見ることもできます。

スポンサードリンク

福岡流通センター祭り・日程

では早速日程についてお知らせします!

・日程・毎年11月第3日曜日

(2019年11月17日の開催予定)

・場所・福岡流通センター

(福岡県福岡市東区多の津1丁目周辺)

地図を添付いたしました。

参考までにお使いください。

・時間・販売:8:30~15:30

ステージ:8:30~15:30

福岡流通センター祭り・交通アクセスと駐車場情報マップ付き

・無料シャトルバス発着場所(7:30~16:30)

天神日銀前、JR吉塚駅(西口)、

JR千早駅(西口)、長者原(役場系統)

バス停発 ※20~30分間隔で運行

西鉄バス

天神大和証券前から78番

博多駅バスターミナル

1階14番乗り場から73番

オロシアムFUKUOKAバス停下車。

スポンサードリンク

・来場者専用駐車場

九州団地倉庫駐車場 (1000円/1台)

駐車場の地図を添付いたしました。

参考までにお使いください。

駐車場空いてない!?そんな時は近辺駐車場があります。

福岡流通センター近辺駐車場

マップにしました

参考までにお使いください。

8:30から開催ですが早い方では5:00頃から

いらっしゃっている方もいるそうです。

早々に売り切れになっているお店も

見かけるので早めの時間に行くほうが

種類も豊富にあって楽しめると思います。

スポンサードリンク

福岡流通センター祭り・屋台とトイレはどうなっているの!?

季節の変わり目の11月開催なので

屋台とトレイは重要ですよね。

どちらもきちんとありますよ!

まず屋台ですが、オロシアムFUKUOKAバス停

降りて流通センター祭りの行われている

一本入った道にいく通りに

ズラっと並んでいます。

福岡のお祭りで見かけないことはない

梅ヶ枝餅はもちろん、チュロスなどの

変わり種もたくさんでとても賑わっています。

流通センターにはコンビニも入っているので

屋台じゃおなか一杯にならない人も安心ですね

トイレは4か所準備されています。

流通センターというだけあってオフィスの

多い通りなので建物内のトイレで町の

お祭りの掘建てトイレと

比べてとてもきれいです。

ステージってなにをしているの?

ステージではメインステージと

プロレスステージがあります。

まずメインステージでは

地域の方々の発表会があり

園児たちや太鼓クラブの発表から

福岡市消防音楽隊やバンドを

されている方などの演奏もあります。

プロレスステージでは九州産業大学の

プロレス研究部の方々による

プロレスが開催されます!

とても迫力があるので初めて見る方でも

楽しめるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

福岡流通センター祭り・格安ってなにが安いの?

福岡流通センターには

たくさんの卸問屋さんがあります。

衣類や靴、布団、クッション、

絨毯、お菓子、文具…etc.

私のおすすめはコートです!

プチプラコートでも

4000円近くする冬のコート。

これがなんと500円!!!

なにがなんでも買わなきゃ損!

早い時間に行けばコートも

たくさんあって選び放題だけど

15時ぎりぎりになると

お店側も売り切りたい!!

500円で売っていた

コートが100円に!

お店に行くと比べてとても

安いものがもっと安く!

種類を選んで安いものを

買いたい方は早めの時間に、

売れ残りのものでよければ

お昼過ぎくらいの時間からでも大丈夫かも?

ほかにはおかし数袋が500円、

靴下詰め放題1000円、

メンズ牛革ベルトが500円

など様々なものが安売りされています。

掘り出し物が好きな方に

はおすすめのお祭りです。

まとめ

いかがでしたか?

11月で季節の変わり目で冬物のコートや

布団は値下げされてない時期に

安く手にしたいですよね!

初めて来る方は公共交通機関で来てみて

2度目からは購入したいものの目星を

つけてそれが大きいものであれば

車で来場するのもいいかもしれませんね。

掘り出しものや、安いものに目がないかたに

とてもおすすめなので

ぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする