滋賀県湖南市夏祭り2019花火㊙穴場と便利な駐車場・ホテルの地図

スポンサードリンク
 





滋賀県湖南市夏祭りの情報を

ご紹介したいと思います。

目玉はズバリ!

祭りの有終の美を飾る花火です。

なんと毎年6,000~7,000発

打ち上げられている実績があります!

(ちなみに2018年は7,000発)

それを河川敷の芝生に寝転がって、

真上に降ってくる花火をビール片手に

ゆったり見るなんて贅沢はいかがでしょうか。

スポンサードリンク

滋賀県湖南市夏祭り花火の穴場!

特に有料席などはありません。

というか、、必要ありません!!

20:00から花火開始ですが、

10分前ぐらいから見やすい場所へ

ビールやおつまみ片手に移動すれば、

十分一等席で見られるからです。

ですが。あえて、

一番のおすすめをお教えするなら、

移動交番の隣です!

目立つ車体なのですぐ見つかります。

比較的空いていて(なぜ?笑)

ここにブルーシートを敷いて、

そこを拠点に祭りを楽しむと

ラストの花火まで完璧な位置で

楽しむことができます。

次に!小さいお子さんがいて、

混み合う会場へは行きたくない。

花火だけ楽しめたら良い

という人に鑑賞おすすめスポットをひとつ。

甲西中央大橋です!

ここはほとんど近隣住民しかいないので

完全に穴場スポットです!

車道と歩道が完全に分かれているので、

比較的安全に座って静かに花火を見られます。

また、会場からも徒歩で10分程度です。

早めにこちらへ移動して

待機するのもおすすめです。

とはいえ、車の通行には十分に気を付けて

鑑賞ください。

スポンサードリンク

滋賀県湖南市夏祭りの日程や会場

2019年8月3日(土)開催

雨天の場合翌日に限り順延です。

野洲川と国道一号線に挟まれた

湖南市立体育正面の親水公園

(野洲川河川敷)が会場です。

滋賀県湖南市夏祭りの駐車場マップとトイレについて

1,000台停められる駐車場があり、

広大な芝生のグラウンドが主会場です。

でもこの駐車場はすぐいっぱいになります。

そこで地元民の裏技として、

イオンタウン湖南に停めて

徒歩で移動するのがオススメです。

ここからでも観れますが、歩いても

5分くらいです。

また、会場は地面が芝生なので、

熱帯夜の夜も涼しく楽しめます。

トイレは花火の前は大渋滞ですが、

それまでに済ませておけば問題ありません。

スポンサードリンク

泊りの方におすすめホテル

昨今はずいぶん知名度も上がって、

駐車場や周辺の道路も混雑するので、

周辺のビジネスホテル

●甲西アートホテル 4000円~

●ビジネスホテルミクモ 3500円~ 

に宿泊して、徒歩でゆったりと

祭りに参加をお勧めします。

甲西アートホテルに泊まるとなんと

場所によっては部屋から花火を

見ることもできます。

ビジネスホテルミクモは、

地元の方が長く営業されている

ビジネスホテルです。

建物などは少し古いかもしれませんが、

地元で採れたおいしいお米と

野菜で作った朝ご飯は、大変美味しく、

お腹いっぱいになりますよ!

田舎のおばあちゃんちに泊まった気分を

味わってください!

また、十二坊温泉ゆららには天然温泉に加え、

全国でも大人気のオートキャンプ場があり、

仲間、グループでわいわい泊まりながら、

祭りを楽しむのも最高ですね!

ただし、ここ最近は週末などの予約が

大変難しくなっているそうで、

早めの下調べをおすすめします。

スポンサードリンク

滋賀県湖南市夏祭りの屋台やステージイベント

屋台の中でも列が絶えないのがずばり!

唐揚げ店!全国唐揚げグランプリの

金賞にも輝いた美味の唐揚げ食べ比べなど、

いかがですか??

メインステージでは、

地元滋賀のラジオ局の

人気パーソナリティが司会をして、

滋賀の住みます芸人の

ファミリーレストランなどのステージ、

湖南市出身のシンガーソングライターの

ミニライブ、

江州音頭の盆踊りなどもあります!

一般参加可能の大栄スイカの

早食い競争は、毎年大盛り上がりの

コーナーです。

また、ボクシングの

元WBC世界バンタム級王者の山中慎介さんは、

なんと湖南市の出身者です。

2014年、2018年は実際に祭りに

ゲスト参加してくださっています!

引退されたので、これからはゆっくりと

ご家族伴なってイチ参加者として、

みえるかもしれませんね。

山中さんに接した人はみなさん声をそろえて、

ええ人やった!といいますヨ。

祭り良し、花火良し、治安もよし!

是非夏のイベントに湖南市にお越しください!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする