梅ジュースのすごい効能!癌にも効く!?知らなきゃ損する効果を紹介

スポンサードリンク
 





すっきり爽やかな梅ジュース!

暑い季節になると、飲みたくなりますね。

この梅ジュースには、

とてもすばらしい効能が

たくさんあります。

私の祖母も、自分で梅ジュースを作って

飲んでいますが、

祖母が85歳を過ぎても

元気でいられる秘訣が分かりました!

それは、梅ジュースだったのですね。

今回は、梅ジュースの

7つの効能を紹介していきます。

また、癌の予防にもなる理由

あわせて紹介します。

そして、梅ジュースの中の梅の

リメイクレシピも!

効能のたくさんある梅ジュースを飲んで、

身体の内側から病気を撃退したり、

きれいになっていきましょう!

そして、梅ジュースの残りの梅で、

おいしいレシピも作ってみましょうね!

スポンサードリンク

梅ジュースの驚きの効能・効果とは?

梅ジュースには、主な効能7つあります。

梅に多く含まれている

クエン酸が体内で、とても素晴らしい

働きをしてくれるのです。

梅ジュースで血液サラサラ効果

何よりも梅ジュースを飲むと、

血液がサラサラになります。

これは、クエン酸が老廃物の

排出を促進し、体内のコレステロールや

脂肪の分解を早めてくれるからです。

また、赤血球が変形する能力を高める

働きもあるので、より血液の流れを

さらさらにしてくれます。

このように血管を狭くする因子を

取り除いてくれるので、

血栓や動脈硬化を防いでくれます。

梅ジュースで疲労回復効果

クエン酸の働きで、体内にある

老廃物の排出が促進されます。

老廃物が体外に出やすいように

してくれるので、肩こりなどの

筋肉疲労も改善が早くなります。

また、体内の毒素が

たまらないようにしてくれるので、

老化も防止してくれるのです。

梅ジュースでダイエット効果

脂肪や糖質の代謝を促進してくれる

クエン酸は、ダイエットにもよいです。

しかし、過剰なクエン酸の摂取は、

逆に太ってしまうこともあるので、

適正量を摂りましょう。

梅ジュースで美肌効果

クエン酸のおかげで、

新陳代謝がとても活発になるので、

美容にもとてもよい効果が現れます。

肌のターンオーバーが

正常に行われるので、シミや

ニキビ痕などが残りにくくなります。

すると、肌のくすみや乾燥も

解決できるようになってきます。

肌の悩みが解決してくると、

キメの整ったきれいな肌が

手に入りますよ。

梅ジュースで夏バテ予防効果

梅を食べた時のすっぱいという

感覚の酸味は、唾液の分泌を

促進してくれます。

気温が高すぎて食欲の出ない夏場でも、

梅ジュースを飲めば、食欲が増進されます。

梅ジュースで胃腸の調子を整える効果

唾液などの消化酵素の分泌が

促進されるので、胃や腸での

消化の吸収も助けてくれます。

すると、胃や腸への負担を

減らすことができ、

健康的な生活ができるようになります。

梅ジュースでカルシウムや鉄の吸収を上げる効果

梅ジュースは、体内に取り込みにくい

カルシウムや鉄の吸収を

高めてくれる効果があります。

特に、カルシウムが必要な

育ち盛りの子供やお年寄り、

そして、貧血気味の女性には

とてもうれしい効果ですね。

このような効果が期待される梅ジュース。

健康年齢が長くなるように、

今日からすぐにでも梅ジュースを

始めてみませんか?

梅ジュースは癌の予防・治療にも効果あり!?

梅ジュースに含まれている梅は、

アルカリ性の食べ物です。

このようなアルカリ性の食べ物を

食べて、体内がアルカリ性に傾くと、

体内にある癌細胞の働きを

弱めることができます。

なぜなら、癌細胞は、体内が酸性の時に

とても活発に働き出し、

仲間を増殖させるからです。

体内がアルカリ性になれば、

活発な癌細胞も

冬眠してくれるというわけです。

また、この梅ジュースは、

胃腸を保護する粘液の分泌を

高めてくれるので、

胃がんの原因になるピロリ菌が

繁殖できない体内環境にしてくれます。

そして、梅の香りは、

抗癌作用があります。

このように、癌を鎮めてくれる

効果があるのです。

スポンサードリンク

梅ジュースの梅は食べられる!使い道を紹介!

梅ジュースを飲み終わったら、

残った梅もおいしくいただきましょう!

梅ジャム、梅ゼリー、梅ドレッシング、

練り梅、梅味噌にするなど

様々なリメイク方法があります。

今回は、私がおすすめの梅ゼリーと

梅味噌のレシピをご紹介します!

梅ゼリー

とても爽やかな味わいの梅ゼリーです。

アガーを使って、透明感のある

とろけるゼリーに仕上げました!

【材料】

  • 梅ジュースの残り

(好みに合わせて水で薄める)600ml

  • アガー10g
  • 梅ジュースに入っていた梅5個

【作り方】

①鍋にアガーを入れます。

②梅ジュースを水で薄めたものを

少しずつ入れて、よく混ぜ合わせます。

③アガーがよく溶けてきたら、

残りの梅ジュースを水で薄めたものを

全て入れて、沸騰直前まで温めます。

④梅を1つずつ、ゼリーの容器に入れます。

⑤④の容器の中に③を注いでいきます。

⑥粗熱が取れるまでは常温に置いておきます。

⑦粗熱が取れたら、冷蔵庫で

しっかりと冷やし、完成です。

アガーがだまにならないように

気を付けて混ぜてくださいね!

梅味噌

長期間保存して食べられるので、

とても重宝しますよ。

【材料】

●梅ジュースの残りの梅

(種を取ったもの)150g

●味噌150g

●砂糖120g

●梅ジュース大さじ2

【作り方】

①梅をまな板の上に置き、

好みの大きさに刻みます。

②鍋に全部の材料を入れて、

弱火で混ぜ合わせます。

③5分程度、混ぜながら煮ます。

④粗熱が取れたら、容器に

うつして完成です。

野菜に付けたり、おにぎりの

中身にしたりして

おいしく食べられます。

また、味噌の代わりに

酢を混ぜれば、

ドレッシングにも変身しますよ!

ぜひ、作ってみてくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、梅ジュースの効能や

梅ジュースの残りの梅を使った

レシピをご紹介しました。

梅ジュースに秘められている効能は、

とてもたくさんあります。

これを飲んでいれば、医者いらずですね!

また、残った梅もリメイクして、

最後までおいしく梅ジュースを

楽しみましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする