関門海峡花火大会2019!便利な穴場の地図!11選を地元民が解説

スポンサードリンク
 





夏は全国至る所で花火大会がありますよね。

それぞれ個性があって、屋台も多く

会場にいるだけでワクワクします。

今回は、私がオススメする

「関門海峡花火大会」について、

行く前に知っているとお得な

情報をお伝えしたいと思います。

穴場スポットなどを門司側、下関側で

マップ付きで紹介しますので、

ぜひ役立ててくださいね。

これを読めば、あなたも関門海峡花火大会に

いきたくなるはず!

スポンサードリンク

関門海峡花火大会の日程は?

毎年8月13日に行われています。

これに合わせて帰省したり、

旅行の日程を考える方もいるようです。

それほど魅力的な花火大会なんですね。

関門海峡花火大会はどこであるの?

関門海峡花火大会…なので、

関門海峡であります。

関門海峡は福岡県(門司)と

山口県(下関)の間にある海です。

なんと花火は門司側と下関側の

両方から上がるんです!

しかも、海の上の船から。

競い合うように合計約13000発も

上がるのでかなりの迫力です。

関門海峡花火大会の会場の場所と穴場スポットは?

会場の場所

門司側の会場はJR門司港駅から徒歩5分、

西海岸という海沿いにあります↓

下関側はJR下関駅から徒歩15分の海沿いです↓

穴場スポットは色々あります。

門司側の穴場の地図

・ノーフォーク広場

・和布刈(めかり)公園

会場からは3~4キロ離れているので

音は小さめですが、左には門司、

右には下関の花火を観ることができ、

夜景と共にとってもキレイです。

・めかりパーキングエリア

ここからは門司側、下関側の

両方が観られます。

ただ、すぐに満車になってしまうので

お早めに!

・風師山の展望広場

これも場所は少し離れますが、

山頂からの夜景と花火が合わさって

感動モノです。

・片上海岸

ここからは下関の夜景が見えるので、

花火とのコラボはステキです。

下関側の穴場の地図

・火の山公園

山頂からの展望と花火がキレイです。

・巌流島

あまり混雑しないようなのでこれこそ穴場?

迫力はかなりあります。

・海響館

出口が全面ガラス張りでよく観えます。

しかも、エアコンが効いてて快適です。

・あるかぽーと下関

・カモンワーフ周辺

・海峡ゆめタワー

いずれも海岸沿いにあり、よく観えます。

スポンサードリンク

関門海峡花火大会の屋台やトイレは?

屋台はどちらも海岸沿いに

たくさんの屋台が出ます。

昼過ぎから開店し始め、

夕方には混雑しています。

去年はチーズハットグのお店に

かなり行列ができていました。

トイレは仮設トイレが100基ほどと、

駅やお土産屋さん、

フェリー乗り場など結構あります。

関門海峡花火大会は混雑する?

両会場合わせて毎年120万人以上の

来場者があるそうです。

全国2位とか。驚きです。

昼頃から人が増え始め、

夕方には屋台周辺は

道路が見えないほど混雑します。

人とぶつかったり迷子になったりするので、

小さいお子さんは注意が必要です。

大変なのは帰り。

車はもちろん大渋滞で普段の何倍も

帰るのに時間がかかります。

JRやバスは臨時便が出ますが、

それでも花火が終わってからは

駅周辺が人だかりで大混雑です。

中には1~2時間かけて歩いて帰る

強者もいますが、

歩いた方が早いという説もあります。

毎年同じ状況なので、

地元の人は慣れていて

イライラする人などはおらず、平和です。

関門海峡花火大会の場所取りや有料席情報

両会場とも有料席が設けられています。

前売り券などもありますので、

気になる方は時期が近づいたら

チェックしてみましょう。

ネットでも買えますよ!

当日券もあり、

当日しか買えない席もあります

ただかなり人気なので、

当日買う場合はお早めに会場に

行くことをオススメします。

有料席以外にも海岸に沿って

場所取りをする事はできます。

これも早めに行かないと

いい場所はなくなってしまうので、

レジャーシートを忘れずに持ってお早めに!

スポンサードリンク

関門海峡花火大会に駐車場はある?

周囲に100円パーキングはありますが、

満車で入れません。

最寄り駅の1つか2つ前の駅に車を置いて、

JRやバスを使うとスムーズです。

前述のように、臨時列車や臨時バスが

出ているので活用しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

①毎年8月13日に開催

②関門海峡の船の上から上がる。

会場は門司、下関の海岸沿い

③穴場スポット

門司側:ノーフォーク広場、和布刈公園、

めかりパーキングエリア、風師山展望広場、

片上海岸

下関側:火の山公園、巌流島、海響館、

あるかぽーと下関・カモンワーフ周辺、

海峡ゆめタワー

④トイレ:仮設トイレや周辺施設の

トイレなどたくさん

⑤混雑状況:昼から人が増え、

夕方には地面が見えなくなる

帰りは時間がかかるので

イライラせずゆったり構える

⑥場所取り:できるが早めに!

有料席:あり。前売り券、

当日券があるが早めに!

⑦駐車場:あるがきっと入れない

公共交通機関を使いましょう

いかがだったでしょうか?

私はこの「関門海峡花火大会」が大好きで、

ほぼ毎年行っていますが、

2会場から一気に花火が上がるので

迫力がハンパないです。

あまりのすごさに、

帰りの2時間徒歩なんて

全く苦になりません(笑)

興味を持たれた方、この時期に

福岡や山口方面に旅行される方は

観に行かれてはいかがでしょうか?

…帰りは大混雑なので、

ゆったりした気持ちでお越しくださいね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする