幕張ビーチ花火フェスタ2019!地元民しか知らない穴場の地図3選!

スポンサードリンク
 





千葉県の幕張に実は国内最大級の

花火大会があるのです!

それが

「幕張ビーチ花火フェスタ」

です

都内の花火大会に注目が集まりますが、

千葉にも大規模なイベントが開催されています!

スポンサードリンク

地元民がオススメする!幕張ビーチ花火フェスタの穴場スポットのマップ

この花火大会の最寄り駅は

「海浜幕張駅」ですが

大規模な花火大会なので

遠くからも鑑賞出来ます!

  1. 稲毛海浜公園

〒261-0003千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2-1

海浜幕張駅から2駅、

電車で5分程の場所にあるのがここです!

こちらも東京湾に面しているので、

同じく花火をきれいに楽しむことが出来ます

そしてここではプールや

アスレチック等があるので、

花火大会前も楽しめます!

  1. 検見川の浜

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺2−8−1周辺

海浜幕張駅から1駅で

隣にあるにもかかわらず、

意外な穴場となっています

検見川浜駅周辺は

あまり混雑していないので

人混みをかき分けなくても

水上花火、打ち上げ花火ともに

静かに見ることができます!

  1. Mr.MAX新習志野店の屋上

〒275-0024 千葉県習志野市茜浜2丁目2−1

Mr.MAXは食料品等を販売している

ディスカウントストアなのですが、

花火大会限定で屋上を開放しているのです!

食料品やトイレがしっかりと揃っているので

お子様連れの家族にはかなり

オススメになっています

駐車場があるのも利点の1つですね!

スポンサードリンク

幕張ビーチ花火フェスタは有料席も豊富なんです!

この大会には有料席も存在しています

海に面した「ビーチ席」

「シーサイド席」

直接花火を見ることが出来る

有料席になっています

この野外席ではチケット1枚につき

レジャーシートを貰うことが出来まして、

そのレジャーシートで場所を取る

というシステムになっています!

当日販売券には

「スタジアム席」というものがあります

ビーチのとなりにある

「ZOZOマリンスタジアム」

の大型スクリーンで海上花火を

ビール等の立ち売り付きで

ゆっくりとご覧になれます!

有料席は合計で35,000席

確保してありますが他にも観覧席は存在して

合計で100,000人分の観覧席が

あるほどの大規模な

花火大会になっています!

 

周辺の屋台・レストランやトイレの情報

花火大会がとても大規模なので、

周辺には屋台等も沢山並んでいます!

私が実際に行った際には

「ふなっしーの人形焼き」

屋台もあり千葉県ならではの

屋台を発見してみるのも

楽しみの1つだと思います!

更に海浜幕張駅の周辺には、

ファーストフード店も数多く存在しているので

テイクアウトして会場で食べるのもGOODです!

トイレに関しても会場内には

仮設トイレが設置してあります!

それとは別に公園もすぐ近くにあるので

そちらのトイレも使用できるので

1ヶ所に集中する心配もないですね

 

幕張ビーチ花火フェスタの日程・アクセス

日程 … 2019年8月3日(土)

場所 … 幕張海浜公園

(千葉市美浜区美浜1丁目)

開催時刻 … 19:30 ~ 20:30

※1時間を第5部で構成されています

交通アクセス … JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩15分

JR・京成「幕張本郷駅」よりバス・徒歩30分

※会場には駐車場は無いので公共交通機関を推奨しています

国内最大級の花火が千葉の夏空を照らす!

幕張ビーチ花火フェスタには

例年約30万人もの人が訪れます!

多くの人が来る理由として、

その花火の打ち上げ総数が大きな

要因だと言えます

なんとその数、23,000発!!

(2018年幕張ビーチ花火フェスタ)

これほどの花火が1時間という短い間に

全て打ち上げられるのです

さらに音楽と花火がコラボレーションして

幻想的な空間が広がっていきます

その瞬間しか見ることが出来ない

花火だからこそ人々を惹きつけるものが

ありますよね

海の上に広がる圧倒的な光景を

ぜひ1度見てみてください!

スポンサードリンク

まとめ

都内にはあまり無い広大な海の上に

広がる花火は貴重ですね

スタジアムで座りながら、

なんて事が出来るのも幕張ならではですね!

去年の点火式にはぐっさんこと山口智充さんが

来てくださりました!

花火の前にはよしもとの芸人さんが

トークで会場を盛り上げてくれるのも

楽しみの1つになっています

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする