日田千年あかり2019穴場や駐車場!トイレ情報!全て地図付き紹介

スポンサードリンク
 





今回は大分県日田市で

開催される『日田千年あかり』

について、書いていきます!

このお祭りは日田市の伝統的なお祭りです。

日田市はいくつかお祭りがあります。

その中でもとてもゆっくりとした

雰囲気のお祭りです。

スポンサードリンク

日田千年あかり!!開催・日程をご紹介!

日田千年明かり2019の日程はいつからいつまで?

毎年11月の第2金、土、日曜日

3日間開催されています。

2019年は11月8日~10日の3日間です。
時間は午後4時半~午後9時頃までです。

昼間は天領まつりという、

別のお祭りがあります。

そのあとの午後4時半からポツポツと、

竹灯籠に火を灯していきます。

暗くなってくると、竹灯籠の明かりが

ゆらゆらとして、とても幻想的です!

日田千年あかりのおすすめの穴場スポットは?

豆田町の隣りの花月川河川敷です。
花月川は日田市でも2番目に大きな川です。

花月川の地図を添付いたしました。

参考までにお使いください。

その河川敷にも、千年あかりの

竹灯籠が設置されます。

ほんの数個ではないですよ!

河川敷にかなりの竹灯籠が置かれるので、

その光景はとても幻想的です。

河川敷におりて見ることもできますが、

橋の上からみる作品もとても素敵ですよ!

スポンサードリンク

日田千年あかりで屋台は出ているの?

日田の豆田町は様々な飲食店の店があります。

うどん屋さん味噌屋さん

羊羹のお店もあります。

下町の城下町のような

お店が立ち並んでいます。そのお店から

屋台が出店しています。

特に豆田町には、鰻屋さんがあります。

その鰻屋さんの焼きおにぎりが

とっても美味しいです。

また、フルーツお酒の屋台も出ています。

他にも豚汁などを売っている屋台もあります。

屋台と言えば、焼きそばやたこ焼きという、

イメージが多いですよね。でも、

日田千年明かりでは、普通の

お祭りの屋台より、少し大人向けの

屋台が多い印象です。

スポンサードリンク

日田千年あかりにトイレはちゃんとあるの?

豆田町の中に港町公園のなどの

公園や様々な店舗もあります。

気にせずにトイレに

行ける環境になっています。

公園の地図を添付いたしました。

参考までにお使いください。

日田千年あかりの混雑情報は?

毎年かなり混雑が予想されます。

とても人気のお祭りなので、地元の私でも

遅く行くと駐車場が無くなってしまいます。

日田ICからは車で5分です。

電車だと日田駅から徒歩で約10分、

花月川河川敷までは徒歩で約20分です。

県外から来る方には、日田ICから、

無料のシャトルバスが出ていますので、

そちらを利用して豆田町に

行くことをおすすめします。

場所は、日田ICのすぐとなり、

消防署の近くに駐車場があります。

地図を添付いたしました。

参考までにお使いください。

そこに、車を停められます。

県外からの方は高速道路を

よく使うと思うので、隣にあると

すぐに停めて、行けますよね。

そして、そこにシャトルバスがあるので、

それに乗り込んで豆田町までいけます。

また、日田市役所やほかの場所でも

無料の駐車場があるので、

車で来る方は早めに行った方がいいです。

日田市役所の地図を添付いたしました。

参考までにお使いください。

日田千年あかりの場所取り情報

場所取りの必要はありません。

基本的に歩き回って、

散策するものと思ってください。

花火大会では必要ですが、設置された

竹灯篭を歩きながら見て回るお祭りです。

豆田町の景色を楽しみながら

見て回ることが出来ます。

スポンサードリンク

日田千年あかりの有料席情報は?

日田千年明かりは豆田町の通りを

歩いて回るので、有料席などはありません

自由に豆夜の豆田町を歩き回って竹灯籠を

見ながら、楽しんでください。

まとめ!

今回は日田千年明かりについて、

詳しくまとめてみました!

・日程は11/8~10まで、

午後4時半~午後9時までです。

・穴場スポットは花月川河川敷

・屋台は出ている。普通の屋台より

少し大人向けの屋台が多い。

・トイレは公園などが近くにあり、

誰でも利用可能

・混みやすい。車でも行けるが、

シャトルバスや電車を利用するほうが、

混雑を避けられそう。

・歩き回るので、場所とりの必要はない

・席もないので、自由にみて回れる。

夜になると、とても幻想的な

光景が広がります。

友達とよりも、カップルや夫婦できて、

ゆっくりと見て回るのもおすすめです。

写真もとても綺麗に取れるので、

思い出にぜひおすすめです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする