茨城県フラワーパークでイルミネーション2019!駐車場マップ付き

スポンサードリンク
 





茨城県フラワーパークは冬季限定で、

イルミネーションを開催しています。

昼間のフラワーパークは、様々な種類の

花々や木々など自然色豊かな

風景が見られます。

夕暮れには、LED・100万球が点灯し、

色鮮やかで幻想的な風景へと変わります。

流れる音楽、そして広大な敷地に広がる

イルミネーションはおとぎ話の

国に現れたようです。

スポンサードリンク

フラワーパーク・イルミネーションの日程・入場料は?

では早速、日程についてお知らせします!

▪日時  毎年11月中旬 ~ 翌1月中旬

▪場所  茨城県フラワーパーク
(茨城県石岡市下青柳200番地)

▪開園時間 ・16:30 ~

・17:00 ~ 21:00まで点灯します。

・最終入園は閉園の30分前まで

☆入園料 大人 (高校生以上) 700円

小人 (小中学生) 250円(税込)

小学生未満無料

特別イベントのため年間フリーパス、

前売券、招待券、各種割引券使用不可

交通アクセスは地図付きでご紹介!!

☆お車でお越しの方

・常磐自動車道:千代田石岡IC又は

石岡小美玉スマートICより約20分

・常磐自動車道:土浦北ICより約15分

(2012年11/12朝日トンネル開通)

・北関東自動車道:笠間西ICより約25分

各インターから茨城県フラワーパークまでの

地図を添付いたしました。参考までにお使いください。

☆電車でお越しの方

・JR常磐線石岡駅下車

→ 車で約20分/バスで約30分

・関鉄グリーンバス1番乗り場

(フラワーパーク経由 柿岡車庫行き)

・石岡駅よりハイヤーによる

フラワーパーク格安ツアー

(※要予約 0120-24-2217 関鉄ハイヤー)

※詳細は、関鉄ハイヤーまでお願いします。

スポンサードリンク

フラワーパーク内の無料駐車場をマップ付きでご紹介

無料駐車場は約900台!

地図を添付いたしました。

参考までにお使いください。

食事処とトイレはあるの!?

イルミネーションを見ながら何か食べたいし、

トイレは超重要ポイントですよね。

どちらもちゃんとあります。

まず食事処ですが、フラワーパークの

入場ゲートを入ってすぐ左側に売店と

喫茶スペースがあります。

軽食とジュースやコーヒーなどの

ドリンクがあります。

バラの有名なフラワーパークなので、

バラの紅茶が楽しめます。

展示栽培温室の前のスペースに

車の屋台が3~4店ほど出店します。

寒い時期なので、温かい軽食も

販売しています。

テーブルと椅子が設置してあり、

イルミネーションを眺めながら、

食事を楽しむことが出来ます。

トイレは敷地内に、間隔を開けて数カ所、

設置しています。車椅子の方用の

トイレもあります。混雑でトイレを

待つことは、ほとんどないです。

スポンサードリンク

混雑情報・場所取り?・有料席? 情報

 

「混雑」と聞くと、

苦手という方もいると思います。

広大な敷地なので、徒歩で移動しないと、

敷地内の様々なイルミネーションを

眺めることは出来ません。

人が密集するような混雑は、

ほとんどありません。

そのため、場所取りの必要はなく、

有料席もありません。何カ所か、

休憩をするベンチが設置してあります。

強いていうと、茨城県フラワーパーク内の

敷地にある駐車場が満車の場合

敷地の道路を挟んだ反対側の

駐車場に停車する可能性があります。

 

穴場スポット

入場ゲートを入って左側に向かうと

小さな池があり、鯉がたくさんいます。

池の中央付近に岩があり、その岩にも

イルミネーションの装飾がされています。

その点灯した明かりが池に反射します。

こんなところにも飾りを

しているのかと感心します。

鯉のえさは売店で購入することが出来ます。

鯉にえさをあげながら、イルミネーションを

観賞するのも良いですね。

おすすめ情報

期間中はギターやジャズ、

フォークソングなどのコンサート、

ジャグリングのショーが開催されています。

ジャグリングショーは子どもに大人気です。

※毎日開催していないので、

イベント情報を確認しましょう。

エリア中央に「幸福の鐘」があります。

大切な人と一緒に鳴らしてみましょう。

子どもは抱っこしてもらい、

鐘を鳴らしてみてね。

売店には茨城県のお土産や

フラワーパーク限定の

お土産が購入出来ます。

ラスト3日間のみ、

レーザーイルミネーションショーを

開催しています。

まとめ

とてもきれいなイルミネーションなので、

カップル・家族連れどちらもおすすめです。

周辺地域の方でも知らない方もいる

スポットなので、貴重です。

子どもの冬休みの絵日記に

描いてみたいですね。

冬の思い出でイルミネーションは

いかがでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする