炭酸水飲みすぎて体重増加?ダイエットの為に始めたはずなのになぜ?

スポンサードリンク
 





毎日飲むだけで痩せると

話題の炭酸水ダイエット。

食前に炭酸水を飲むことで、満腹感が

得られ食欲を抑えてくれると

人気になっていますよね。

しかし、実は最近、ある大学が驚きの

研究結果を発表しています。

なんと、炭酸水は食欲を増進させるため

体重増加になってしまうという

研究結果を発表したのです。

ダイエットとは真逆の

結果にビックリですよね。

この研究結果は、実験そのものの信憑性も

問われていて確かなものとは

言えないものの、実際、炭酸水ダイエットを

試したのに体重が増えてしまったという

口コミは以前から多くあったようです。

痩せるために炭酸水を飲んだのに、

太ってしまうなんて本末転倒ですよね。

一体、どういうことなのでしょう。

実はこれ、炭酸水の飲む量が

関係していると言われています。

食前に飲む炭酸水の量が少ないと、

胃が充分に膨らまず、

かえって食欲が増してしまうんだそう。

じゃあ、どれだけ飲めばいいかというと

食前に300~500ml飲むといいそうです。

確かにこれだけ炭酸水を飲めば、

お腹はいっぱいになってそうですね。

スポンサードリンク

炭酸水飲み過ぎで体に影響が!?その訳を解説します!!

しかし、食欲を満たそうと、

ただいっぱい炭酸水を

飲めばいいという訳でもないようです。

炭酸水は飲み過ぎてしまうと、今度は

体へ悪影響を及ぼすこともあるんだそう。

たとえば胃腸が弱い場合、炭酸水を

飲み過ぎすことで、下痢や腹痛

もたらされてしまうと言われています。

炭酸水には腸を刺激して排便を促す効果が

期待出来るのですが、飲み過ぎてしまうと

腸が活発になりすぎて、下痢や腹痛を

引き起こしてしまうのです。

他にも、貧血になりやすい方は

注意が必要です。

炭酸水に含まれる二酸化炭素は、

体内アルカリ性となり

吸収しにくくなってしまいます。

そのため、貧血を

引き起こしやすくしてしまうのです。

また、炭酸水の成分ナトリウム

含まれている場合、それは塩分

摂取していることになってしまいます。

塩分取りすぎることによって、

体にむくみが出てきてしまうので、

炭酸水を選ぶ場合は、ラベル表示を

気にして見てみるといいですね。

さらに、炭酸は飲み過ぎると

歯のエナメル質を溶かしてしまう

恐れもあるので、歯の健康を考えると

炭酸水よりも水道水の方が

好ましいと言われています。

この他にもゲップが出やすい、

イライラしやすいなど様々な

不調がいわれていますが、要は、炭酸水を

適度に飲み過ぎなければいいという話。

しかし、飲む量が少ないと

ダイエット効果がないし、飲み過ぎたら

体調が悪くなるなんて大変ですよね。

一体、毎日どれくらいを目処に

炭酸水を飲めばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

炭酸水飲み過ぎなあなたへ正しい水分量教えます!!

炭酸水は、最低1日に1.5リットルを目安に

するとダイエットにいいと言われています。

1.5リットル以上飲んでも効果はありますが、

2リットル以上になってしまうと、

体調悪くなる恐れもあるので

気をつけて下さい。

つまり、食事の前に500ml の炭酸水を飲めば、

朝・昼・晩で1500mlになるのでいいですよね。

食前に500ml を飲むというのが

キツイという方は300mlにして、

あとの600ml は、空腹時に2回に分けて

飲むといいのではないでしょうか。

ちなみに、私も炭酸水ダイエットを

試したことがあるのですが、私の場合は、

1か月で3キロのダイエットに成功しました。

その時は、朝起きた時に300ml 、あとは

毎食の食前と食中に合わせて300ml

お風呂上がりに300ml

1500ml といった感じです。

一気に飲むのは辛かったので、私の場合は

食前~食事中にかけて炭酸水を

飲んでいましたが、それでも効果はありました。

また、飲む炭酸水も常温の方が効果

発揮しやすいと言われています。

常温なら箱買いしてストックしておけば、

いつでも飲めるので簡単ですよね。

少し飲み方を変えるだけで、ダイエットにも

体重増加にもつながってしまう炭酸水。

今日から飲み方に気をつけて、

ダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

・炭酸水は飲む量が少ないと、

食欲増進の効果をもたらしてしまう

・ダイエットのためには、

食前に300~500mlの炭酸水を飲むようにしよう

・体調を崩さないためにも、

1日の量は2リットルまでにしておこう

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする