暗記を短時間で大量を可能にするコツ!知っておきたい確実な暗記方法

スポンサードリンク
 





試験が近づくたびに、

「もっと効率的な暗記方法はないのか?」

と思いませんか?

効率的で確実に覚えられる

暗記方法があったら、

今よりももっと成績が上がるし、

良い学校にも行けます。

そこで、今回は、効率的に確実に

暗記できる方法を紹介していきます。

また、もしもの時のために、

一夜漬けの暗記方法も紹介します。

効率的に、確実に暗記できる方法を知って、

自分のものにしてしまいましょう。

自分のものにできれば、

もう試験だって怖くありません!

今よりも成績を上げて、

志望校合格を目指してがんばりましょう!

スポンサードリンク

一夜漬けでも大丈夫!1日で暗記する方法!

試験前、一夜漬けだけは避けたい

と思っていても、どうしても

逃れられない時だってあります。

一夜漬けのコツをつかんで、

実践してみましょう!

  • 優先順位を付ける

一夜漬けには、時間がありません。

テスト範囲の始めから

やっている場合ではありません。

そこで、重要なページや

テストに出やすいページから

取り組んでいきましょう。

優先順位を付けて暗記をしていけば、

無駄なページを覚える時間が省け、

効率よく暗記をすることができます。

  • 五感で覚える

五感を使って暗記をすると、

覚えやすいです。

例えば、覚えたい部分を声に出して読み、

それを耳からもインプットしたり、

覚えたいことを書きながら

声に出したりするのです。

また、覚える時は、

文字をそのまま覚えるよりも

イメージに変換して覚えた方が

記憶に残りやすくなります。

フローチャートや絵など

視覚から認識して覚えるように意識すると、

脳に負担がかかりにくいので、

覚えやすいのです。

幼児教育の中でも、

順番にたくさんの言葉を覚え、

記憶力をつけていくという

勉強方法があります。

この教育を受けた子供たちは、

言葉の順番を覚える時に、

出てくる言葉を自分なりに物語にしたり、

イメージに変えたりして

暗記しようとします。

このように暗記が得意な方は、

自然と視覚的なイメージに

暗記することを変換して

覚える能力に長けているのですね。

  • こまめに休憩をとる

一夜漬けという時間のない中で

勉強をしているのですが、

記憶力を上げるためにこまめに

休憩や睡眠をとりましょう。

例えば、50分間暗記をしたら、

10分間の休憩や睡眠をとるのです。

すると、覚えたことが脳に

定着しやすくなります。

しかし、油断して寝過ぎたり、

休憩しすぎたりしないでくださいね。

何と言っても、時間がありませんから…。

このような方法を使えば、

一夜漬けでも暗記することができます。

しかし、一夜漬けの暗記は、

とても忘れやすいです。

長期記憶として、

確実に覚えることには向いていませんので、

毎日少しずつ勉強することをおすすめします。

スポンサードリンク

効率の良い長文暗記方法!

効率の良い長文暗記方法は次の3つです。

  • 繰り返し音読する

文章をスラスラと

読めるようになるまで、

声に出して音読をします。

大きな声でする必要は全くなく、

小声でぶつぶつと唱えるように

音読しましょう。

声に出すと、

早く覚えることができます。

これは、小学生でも同じです。

小学校1年生の子でも、

びっくりするくらい早く、

学芸会の台本を全て

丸暗記することができます。

台本は、12~20ページくらいありますから、

驚きますよね。

担任の先生が、

「当日、体調が悪くて休んでしまう

お友達がいるかもしれないから、

誰の代わりでもできるように

音読してきましょうね」

と言うのです。

一週間くらい経つと、

ほぼ丸暗記してしまう子供が

半分くらいいます。

学芸会当日には、全員が丸暗記しています。

元教師の私の体験ですので本当です。

このように、声に出して音読することは、

覚えたいことを脳に定着するのに

向いているのです。

  • 脳に印象付ける

暗記をする時に欠かせないのが、

繰り返し暗記をするということです。

繰り返し同じことをすると、脳は、

「この情報はとても必要な情報だ」

と理解してくれます。

そして、すぐに忘れないように

長期記憶として覚えていてくれるのです。

  • 早く繰り返す

長文の暗記を効率良く行うためには、

早く繰り返すということも大事です。

スピード感を出して早口で呟くと、

早く覚えられるようになります。

特に、耳栓をして、

自分の世界に入り込んでから、

早口で呟くとさらに効果的に

覚えることができます。

このような方法を使えば、

効率的に長文の暗記ができます。

ぜひ、試してみてくださいね!

スポンサードリンク

確実に暗記する方法

確実に暗記をしたい時は、

次の3つの方法がおすすめです。

  • 復習に時間をかけること

学んだことを長期記憶させるには、

思い出すことに時間をかけることが

とても大事です。

思い出すことに時間をかける復習を行うと、

確実に暗記することができます。

目を閉じて、自分のまとめた情報や

今日の授業で学んだことを

何回も唱えてみましょう。

すると、理解できているところは

自分の言葉に変換して、

より噛み砕いた表現で

話すことができているはずです。

それは、もうすでに自分のものになった

証拠です。

しかし、理解しきれていないことは、

なかなか唱えることができないでしょう。

このようになかなか思い出せないことは、

暗記ノートに書き出しておきます。

  • 覚えやすい形に変換する

確実に暗記をするためには、

自分に覚えやすい形に変えて

覚えることも必要です。

例えば、日本史の年代を

ゴロ合わせて覚えるのは、

とても効果的な方法なのです。

・894年 遣唐使の廃止

唐乱れ 白紙に戻す 遣唐使

・939年 平将門の乱

将門が 愚策に陥り 討ち取られ

このように覚えやすい形に変換することで、

脳に印象付けられ、長期記憶として

確実に覚えておくことができます。

  • 暗記ノートの活用

なかなか覚えられないものは、

暗記ノートに書き出します

暗記ノートは、日頃持ち歩くようにし、

電車の待ち時間や昼休みの空き時間など

すぐに見られるようにしておきます。

また、暗記したことが

定着しているか確かめるために、

1日後、3日後、10日後と間隔を置いて、

確認してみましょう。

時々、このように思い出すことによって、

さらに暗記を確実にさせることができます。

確実に暗記したい時は、時間がかかります。

計画的に勉強をすすめましょう。

そして、時間をかけて暗記をすれば、

長期記憶として脳がしっかりと

覚えていてくれますから、その時間は

決して無駄にはなりませんよ!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、効率的に確実に

暗記できる方法をご紹介しました。

効率の良い暗記の方法や

確実に暗記できる方法を身に付けて、

成績が上がるようにがんばってくださいね。

勉強したことは、全て

自分の宝物になりますよ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする