咸臨丸フェスティバル2019!見どころと穴場スポットはココ!

スポンサードリンク
 





毎年恒例の浦賀のイベント!

咸臨丸フェスティバル^^

5月25日(土) 10時~16時で開催です!

雨天時、イベントが一部中止になるそうです。

開催場所は、浦賀駅から徒歩5分

住友重機械工業(株)跡地
浦賀工場内及び浦賀港周辺

通称 浦賀ドック
最盛期は、給料日に屋台が出て賑わってたようですが、

今は(^-^;誰もいない海?

スポンサードリンク

咸臨丸フェスティバルの見どころと穴場スポットをご紹介!

造船ドック跡地見られるのですが
今年は、産業遺産見学会やるのかな?
ある意味歴史的穴場です

また近くに、

叶神社 西叶神社と、東叶神社

があります、一応解説!

「叶神社」は、平安時代末期、

源氏の再興を願った京都の文覚上人が、

応神天皇を祭神として建立しました。

建立数年後、平家が滅亡し

鎌倉幕府が樹立されて

見事に源氏の再興が叶ったことから

“叶大明神”

と呼ばれるようになったのです。

これが現在、西浦賀にある通称

『西叶神社』です。

『東叶神社』は、

西叶神社を勧請して創建されました。
これは当時、西浦賀にあった浦賀村が、

1692年に分村して東西の二ヵ村になり、

村人たちから新しい東浦賀にも叶神社として

東叶神社が創建されました。

西叶神社と東叶神社

3分ほどの海のクルージングで

二つの神社と浦賀の渡し船

穴場スポット確定ですね^^

もうひとつは、浦賀駅のゴジラのテーマ
電車が入ってくると流れてきます♪

穴場スポット確定です。

後は、所々に浦賀奉行にちなんだ
看板等々が、ありますので是非
開国の、街浦賀を、宜しくお願いします。

ちなみに、浦賀は、浦和ではないので
お見知りおきをm(_ _)m

ちなみに咸臨丸フェスティバルとは?

時は幕末、勝海舟を艦長格とする咸臨丸は、

安政7年(1860)に浦賀から出港し、

日本人初の太平洋横断を成し遂げました。

「咸臨丸フェスティバル」は、

この壮挙を称えて、

開国の町「浦賀」で行われるイベントです。

咸臨丸フェスティバルの開催イベントは?

一応、今までのイベントは

舞台アトラクション(ダンス、民謡等)

吹奏楽部コンサート

水恋乞いレース(当日参加可)

国際交流水風船競技大会

たまごつかみ大会

浦賀史跡案内

模擬店(B級グルメ含む)

横須賀海上保安部広報ブース

警察署キャンペーンブース

消防車・救急車・白バイ等の展示

浦賀ギャラリー

日赤の献血活動

骨髄バンクドナー登録説明会

海上自衛隊 掃海母艦うらが広報ブース

掃海母艦「うらが」カレー販売

などなどが鉄板です^^

スポンサードリンク

咸臨丸フェスティバルの駐車場とトイレはどうなの?

駐車場は、どうやら無いみたいです。。。

公共交通機関の来場をお願いしてます。

もちろん、路上駐車禁止です。

まあ、スシロー サンドラッグの有料駐車所、

生協浦賀コープにも駐車場ありますが、

いずれも買い物のお客様専用なので、

電車 バスと、徒歩でエコ来場でお願いしてますね

あ、買い物したら解決!?

トイレは?困った記憶が無いので
足りてたかと、、

仮設もあったようだし、、
近隣に、浦賀コープ サンドラッグ、
スシローあるので、なんとかかも?

まあ、どこのイベントでも女子は
大変ですので、会場着いたらまずは
確認お願いします!

リアルタイム情報は、浦賀観光協会へポッチ↓

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://uraga.yokosuka-kanko.com/event/&ved=2ahUKEwjcvpaGmebgAhUGTbwKHVJvDAoQFjAFegQICRAB&usg=AOvVaw1Wtxf8CVUgKP1c363eJSEW

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする