ウインドサーフィンワールドカップ2019横須賀!オススメ屋台情報

スポンサードリンク
 





東京2020大会で正式種目として追加された

ウインドサーフィン、

その世界大会であるワールドカップが神奈川県横須賀市で

開催されているって知っていましたか?

スポンサードリンク

ウインドサーフィンW杯の開催日程・駐車場情報

では早速、日程についてお知らせします!

【日時】2019年5月10日(金)~15日(土) 6日間

※初回2017年から5年間の開催は決定しています。

【場所】津久井浜海岸・三浦海岸

(神奈川県横須賀市津久井浜海岸~三浦市三浦海岸まで)

【時間】2019年大会に関して詳細は未発表

ウインドサーフィンは自然の中で行う競技のため、

試合の開催や時間等はその場の状況判断により

決定されるそうです。

行ってみてからのお楽しみですね♬

朝から17時頃が目安だそうです。(初日・最終日を除く)

【交通アクセス】京浜急行電鉄 「津久井浜駅」

(品川駅から約60分 横浜駅から約43分)

「津久井浜駅」から徒歩8分

【駐車場】下浦海岸第1・第2駐車場、臨時駐車場

(三浦海岸駅隣接・土・日のみ)
駐車台数に限りがあるため、公共交通機関の利用がおすすめ。

ウインドサーフィンW杯記念駐車場(旧:下浦海岸第3駐車場)

はイベント会場となるため、期間中は使用する事ができません。

昨年は土日の2日間のみ京浜急行「三浦海岸駅」から

シャトルバスが、おおむね20分に1本運行。

駐車場にも限りがありますし、遠方からお越しの方には

アクセスの良い交通機関を利用して最寄りの

「津久井浜駅」を利用した方が確実かもしれませんね。

ウインドサーフィンW杯の混雑状況は?

年々規模が拡大しておりますが、開催期間が

6日間あるので平日はそこまでの混雑はありませんでしたが、

さすがに土日はかなりの賑わいでした。

天候に左右される競技なので平日土日に関わらず、

適度に風があり天候の良い日を狙って行く方がおすすめです。

ウインドサーフィンW杯の気になる屋台やトイレ事情は!?

海岸で開催される大会ですが、やっぱりイベントと言えば

屋台とトイレが気になるポイントですよね。

なんとこのW杯の開催日程に合わせて

三浦半島グルメフェス(仮名称)も同時開催しております。

地元の名産グルメ「よこすか海軍カレー」

「ネイビーバーガー」に加えて、

地元の隠れた名店が出店するブースなど、

様々な店舗が出店します。

飲食ブース以外にも、

ハンドメイド雑貨を取り扱うお店も出店。

さらに、協賛ブースなどではここでしか買えない

雑貨やサンプル品の配布などもあり、

体験するだけでお土産もたくさん貰えちゃうかも!

遠方から遊びにいらした方には地元グルメを

楽しめるチャンスですし、地元の方にも

隠れた名店との出会いはうれしい発見ですよね。

トイレは仮設トイレもたくさんありましたし、

公共の海岸なので公衆トイレも併設されています。

トイレ渋滞はあまり目にしませんでしたので、

そこまで心配する必要はないかもしれませんね。

有料席は?

メインのステージは会場の海岸中心部にありましたが、

特に有料席などはありません。

それは、ウインドサーフィンが海上で行う競技だからです。

海上からウインドサーフィンの迫力を間近で体感できる、

有料の遊覧船が一日数回運航します。

当日受付していましたので、

海岸からは得られない迫力をぜひ試してみるのもおすすめです。

昨年は1人500円、当日受付

(天候により競技が中止の場合は近隣の海上クルージングに変更も)

会場内には何か所かに大きなモニターや

スピーカーも設置されており、競技の模様が

映し出されています。

肉眼で鑑賞したい場合はオペラグラスがあった方が

よいかと思います。

スポンサードリンク

そもそもウインドサーフィンってどんな競技??

ウインドサーフィンとはヨットのように

セイル(帆)で風を受けて、サーフィンのようなボードに乗り、

セイルの調整のみで加速や減速、方向転換などを操りながら

進んでいく競技です。

ウインドサーフィンには4種目ありますが、

横須賀大会では「スラローム」という種目の

レースが行われます。

トップ選手では100km/hも出した記録がある程、

スピード感がある競技で、あまり目にした事がない人は

見ると驚いてしまうくらいの迫力があります。

大会当日や5月大会前から、ウインドサーフィンや

SUP(スタンドアップパドル)の無料体験会なども

開催されております。気になる人は要チェックです!

まとめ

東京2020オリンピック大会でセーリング競技の一つとして

正式種目になったウインドサーフィンですが、

マリンスポーツをされる人には親しまれていますが、

まだまだマイナー競技と考えられます。

もちろん天候に左右される競技のため、

音楽ライブや様々なイベントが用意されていますので、

競技が行えない時間等も楽しめるイベントになっています。

オリンピックと同様にW杯ですので、

世界のトップ選手の華麗なる姿を

見ることができるチャンスです。

ぜひ、来年のオリンピック開催前に

トップ選手たちの熱い競技を見てみてはいかがでしょうか。

➡次は・咸臨丸フェスティバル!見どころと穴場スポットはココ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする